コンサルタント・プロフィール

大越 修
代表取締役社長

警視庁に20年間在籍。この間、3年間外務省へ出向し領事としてニューヨークへ。海外におけるセキュリティを経験すると同時にFBI、NY市警など米国の法治機関と親交を持つ。帰国後、87年からエッソ石油に入社、セキュリティ部門を設立。その後、JPモルガン銀行、及びAIG(アメリカン・インターナショナル・グループ)にてセキュリティマネージャーを務める。米国の危機管理専門会社クレイトン・コンサルタンツ(トリプルキャノピー グループ)のシニアコンサルタントを経る。米国務省が支援するOSAC(Overseas Security Advisory Council)日本支部の運営委員、日本セキュリティ・マネジメント学会、危機管理システム研究学会会員。世界的なネットワークを持つ日本の企業セキュリティの草分け的存在。

萩 隆之介
OSCシニアコンサルタント

1965年に住友商事入社、ベイルート駐在、バグダッド駐在、アルホバル(サウジアラビア)駐在、クアラルンプール駐在。ベイルート駐在時に内乱激化で陸路シリアへ脱出。バグダッド駐在時にはイラン・イラク戦争勃発に遭遇し、イラン機の空襲に怯える体験を。1997年から人事部門で7年にわたり海外安全専任担当として勤務。この間、インドネシア騒乱・印パ緊張・イラク戦争を通じての駐在員の緊急退避への対応、9.11を核にしたテロ対策、南米・アフリカ・東南アジアでの誘拐(未遂)及び脅迫事件への対応等で積み上げたノウハウを活かして、社内における海外安全対策システムの整備、関連マニュアルの充実化を図った。2004年1月に同社を定年退職。同年3月から弊社シニアコンサルタントに就任。04年5月から社団法人日本在外企業協会(日外協)海外安全アドバイザー、05年6月から財団法人海外邦人安全協会理事。

廣瀬 幸次
OSC シニアコンサルタント

警視庁に34年在籍。この間外務省に出向し在チュニジア日本国大使館に書記官として、3年間勤務。カンボディア国連平和維持活動に文民警察隊の署長・コマンダーとして従事。1996年カンボディア警察において、「日本警察の交番制度導入」について現地指導を行う。2013年カンボディア警察の人身売買捜査部門に対する現地指導を行う。 警察庁警備局在任中はアフリカ、アジア、米州地域等に出張、各国、地域で国際犯罪捜査に従事。国内では一般犯罪捜査の他、主にハイジャック犯人グループや極左暴力集団の捜査にも従事。第八交通機動隊長(白バイ隊隊長)、神田警察署長、警視庁本部の課長など警視庁の要職を歴任、赤坂警察署長を最後に退職。
(株)野村総合研究所の顧問を経て、2015年4月1日から弊社のシニア・コンサルタントとして勤務。

Jack Chu (儲世杰)
香港

20年にわたり中華人民共和国の警察及び国家治安機関に勤務。中国の法律の専門家として要職を歴任。英国のロンドン・スクール・エコノミクスで国際政治学を学ぶなど、国際関係に精通。退官後は各政府機関・地歩自治体との人脈を生かし、民間のセキュリティ会社で外国企業に対して中国への進出に関するコンサルティングを提供。2000年にRA Consultantsを設立。

David Rubens
英国 メイドー「明道」コンサルタンツ社長

英国生まれ。1979年にイスラエル陸軍パラシュート部隊に所属。レバノン、ヨルダン川西岸、ガザなどで功績を残す。世界各地でイスラエル関連施設がテロの標的のなる中、ドイツ・ミュンヘンのイスラエル大使館のセキュリティ・チームの責任者として勤務。1984年から5年間、日本の合気道養神館にて修行。1991年、メイドー(明道)コンサルタンツ社を設立し、社長に就任。英国を本拠に、西欧、東欧、ロシア(CIS)などで企業を対象にセキュリティ・コンサルティング、社員・職員研修を実施。2005年には、英国立レスター大学スカーマン犯罪学研究所にてセキュリティ・リスク管理学の修士号を取得。英語のほか、ヘブライ語、日本語 ドイツ語に堪能。

  • 会社概要 COMPANY
  • ミッション
  • 会社案内
  • コンサルタント・プロフィール
  • パートナー
  • 地図
  • 個人情報保護方針